生活につながる水道工事

生活につながる水道工事 生活の中では、水道はなければならない設備です。ところが、何でも勝手に取り付けられるものではありません。自分の家庭に給水管を引くときには、公共のインフラと接続することになります。そのため、自分の宅内であっても公平性を保つためにルールがあり、水道局に指定された水道工事会社でなければ工事をおこなうことができません。また、給水管と同様に排水管も水を使用するうえで切り離せない存在です。排水設備に問題がある場合、衛生面でも影響を及ぼすため早急に解決する必要があります。

■生活に直結する水道

水道を使った設備は、生活の中で大切な存在です。生活を振り返ったときに、水がない状況は考えられないでしょう。トラブルひとつでも大きな問題になってしまいます。ライフラインと呼ばれるのは、生命にもかかわる大事な設備になるからです。家などを新築したときには、水道設備をしっかり使っていけるように工事をすることになります。この時には、専門業者が給水装置を取り付けなければいけません。自分の敷地に給水管を引きこむ工事は、水道局に認定されている専門業者でなければ行なえない決まりとなっています。
水道工事には、かなりの種類があります。例えば新築の場合の水道工事でも、屋内と屋外ではそれぞれ工事内容が異なります。その他に排水や雨水に関するものもあります。社会的なインフラを利用するという意味でも、水道メーターを取りつける場合には有資格者でなければいけません。

■排水管も大事な設備
家庭内でも設備は時間とともに傷みが出ます。常にメンテナンスが必要ですが、部分的に補修もしなければいけません。小さなものであれば、自分でもできることがありますが、大規模におこなわなければいけないこともあるでしょう。
排水が詰まっているときは、市販のパイプクリーナーなどで対応できる場合があります。しかし自分でできる範囲の対応を行っても、改善が見られない場合もあります。こうしたケースは、専門業者による清掃などでなければ対応ができないでしょう。
また、排水口と排水管の接続部分の部品が劣化することで水漏れが起きる場合もあります。その中でも、便器と床の間から汚水が染み出してくるようなケースは、便器を取り外す必要があるため専門業者へ依頼が必要です。

■自分でできる範囲はどこまでか

水のトラブルが発生した場合、自分で対処できるかどうかを判断しなければいけません。屋内でできることは、専門業者に依頼しないでも済む場合があります。代表的なところでは、蛇口の修理です。蛇口はそこまで難しい構造ではなく、自分でメンテナンスも交換もできる範囲になるでしょう。自分で交換することができれば、部品代も抑えられ、工賃も必要なくなります。しかし、何でも交換修理ができるわけではありません。最近はセンサーがつけられ、自動で水が出る蛇口なども多くみられます。このように蛇口が高機能になり、構造が複雑化しているものになれば、専門業者に依頼してメンテナンスしなければいけません。
切り分けする大事なポイントは、自分で修理の手順を理解できるかどうかです。水のトラブルの原因を特定することができ、具体的な対処方法が分かるのであれば問題ないでしょう。しかし道具がない場合や、修理内容が大掛かりになるような場合は専門業者に依頼した方が、迅速で確実に終わらせることができるでしょう。

■まとめ
水道 工事は、大規模になることも珍しくありません。素人では手が出せないことも多くあります。知識も必要ですが、なによりも無理をしないことが必要になるでしょう。
水道に関することは、専門領域であるのも忘れてはいけません。設置するだけではなく、定期的に点検も必要です。どれも工具も必要になる以上、専門家に任せるのが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース